フリーランスの生活では管理スキルも欠かせない

自由なフリーランスといえども、クライアントから請け負った仕事の期限は守らなければいけません。

なぜなら、クライアントは仕上がった成果物をさらに大きな仕事の一部に使用するので、期限に間に合わないと全ての予定を見直す羽目になってしまうからです。


勤め人ではないので、1つの会社だけから仕事をもらっている方は少なく、原則的に自分が契約した分だけ案件を抱えます。
当然ながら、そのスケジュール管理は自分自身で行わなければならず、マネージメントをプロに外注している場合を除いて、新しい契約では自分がこなせるのかどうかの見極めがポイントです。


自分の作業スピードではどの程度の時間がかかるのかという基本要素から、その案件の難易度やクライアントの信頼性まで様々な角度から検討するのが、フリーランスとしての正しい在り方になります。

サラリーマンであれば上司から指示された仕事を行い、遅れてしまった場合は話が分かる人間に相談して助けてもらうなどの根回しで解決するのが一般的です。



しかし、自分だけで仕事を受注しているフリーランスは、見通しが甘かった場合は自分の信用と引き換えになってしまうので、十分に気をつけましょう。



フリーランスの中には、自分が困った時に助けてもらうために、他の困っている同業者を助ける形で仕事を引き受ける方もいます。横のつながりは非公開の案件を紹介してもらう伝手にもなるので、相互扶助としての助力は今後の仕事を円滑に進めるための先行投資の1つです。