できるフリーランスは自分のための投資を怠らない

フリーランスは常に自分のスキルを高めていくことで、より条件の良い案件に巡り合えます。会社勤めのサラリーマンよりもスキルが直接反映するため、やればやった分だけ報酬の金額が上がっていくのです。


個人事業主として青色申告をしていれば、フリーランスであっても経費として認められる範囲が広がるので、仕事に関連する書籍やセミナーの支払いが経費になる可能性があります。



最新の情報をきちんと体系的に教えてもらう機会は意外に少なく、その分野のプロにお金を払って学ぶのが普通です。



インターネット上の情報には抜けや不正確な部分があるので、フリーランスとして通用するスキルに昇華させるためには正確性が保証されている場での学習が欠かせません。
万が一、自分が引き受けた仕事において、誤った知識に基づいた進め方をしてしまったら、クライアントからの信用を失ってしまう恐れがあります。



自分に対する投資は、短期的には出費でしかありませんが、ゆくゆくは身につけた知識がスキルへ成長して、複数の分野に詳しくないとこなせない仕事といった、他では簡単に真似できない専門分野を持てるのです。

オリジナリティがあるプロは、競争相手が少ないことから、すぐにその分野でトップクラスになれるので、仕事の単価としても崩れにくく、安定した生活を実現できます。


特定の仕事の代表格になれれば、インターネットの検索でも常に上位表示され、むしろクライアントの方からやってくる毎日になります。